柴犬に合う餌と選び方〜評判のいいおすすめドッグフードはこれ!

柴犬の飼い主さん、柴犬大好きな愛犬家さん、こんにちは。

「うちの柴犬に合うドッグフードが分からないわ」と、

ドッグフードジプシーになって、あれこれ試されている飼い主さんも多いと思います。

柴犬専用として売られているドッグフードも含め、色々なものを徹底的に比較・調査いたしました!

その上で、本当におすすめできるドッグフードだけを厳選し、ランキング形式で紹介しております。

柴犬にはどんなドッグフードが合うの?

  • うちの柴犬がドッグフードを食べてくれない
  • うちの柴犬がアトピー性皮膚炎にかかっている
  • うちの柴犬が肥満気味である

など、愛犬の悩みはつきませんが、もしかしたら原因は今与えているドッグフードにあるかも知れません。

”柴犬専用”として売られているドッグフードを、愛犬に与えているご家庭も多いと思いますが、粗悪な原材料や危険な添加物が入っているものが多く、当サイトではおすすめしません。

そこで、柴犬に最適なドッグフードの選び方として、3つのポイントに絞って解説します。

①良質な動物性タンパク質で低脂質なドッグフード

柴犬は運動量が多く、筋肉質で活発な犬種ですので、その筋肉量と適正な体重を維持するためには、豊富な動物性タンパク質が必須になります。

又、柴犬は比較的太りやすい体質なので、低脂質なドッグフードが適しています。

柴犬の筋肉量や適正体重の維持、健康な皮膚と被毛を維持するためには、新鮮な肉や魚(鶏肉、ラム肉、サーモン)などを主原料として使っているドッグフードを選んであげて下さい。

②小麦が使用されていない(グルテンフリー)ドッグフード

ホームセンターなどで売られているドッグフードの多くは、コストを抑えるために安価で低品質の原材料を使って作られています。

肉類などの代わりに、小麦やとうもろこしなどの穀物をかさ増し用として使用し、コストを抑えています。”柴犬専用”として売られているものも、その多くがあてはまります。

特に、小麦に含まれるタンパク質「グルテン」はとても消化しづらく、アレルギーを起こしたり、柴犬に多い「アトピー性皮膚炎」にもかかりやすい可能性があります。

アトピーは一度かかると治りにくく、長期治療が必要になることもありますので、小麦が使用されていないグルテンフリーのドッグフードを与える方が安心です。

③必須脂肪酸(オメガ3脂肪酸)が含まれたドッグフード

オメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)は、アレルギー反応を抑制する働きを持っています。つまり、柴犬に多い「アトピー性皮膚炎」などの皮膚トラブルを予防する働きがあります。

オメガ3脂肪酸が豊富に含まれているのは魚になりますので、青魚やサーモンなどを使用したドッグフードを選ぶことで、オメガ3脂肪酸を摂取しやすいといえます。

魚が含まれるドッグフードは、高タンパクで低脂質なものがほとんどですので、太りやすい柴犬にとっても好ましく、皮膚トラブルを未然に防ぎ、柴犬の美しい被毛・毛吹きを維持するのに最適なんですよ。

柴犬に人気のドッグフードを3つのポイントで比較

柴犬専用のドッグフードは多く売られているので、実際に愛犬に与えている飼い主さんも多いのではないでしょうか?

CMで見かけたり、楽天やAmazonでも人気の柴犬専用ドッグフードをチェックしてみると、残念ながら、良質な原材料や無添加ドッグフードはほとんどありません。

柴犬専用として売られているドッグフードで、「アトピー性皮膚炎」を予防したり、健康的な毛並みや毛艶を保つことは厳しいかも知れません。

商品名 タンパク質・脂質 グルテンフリー オメガ3脂肪酸
ロイヤルカナン 25.0%・14.0% 0.66%
プロマネージ 24.0%・12.0% 記載なし
ウェルケア 25.0%・10.5% 記載なし
ベストバランス 23.0%・10.9% 記載なし
UMAKA(うまか) 24.5%・11.5% 記載なし
モグワン 28.0%・12.0% 1.29%
カナガン 33.0%・17.0% 0.9%

柴犬におすすめのドッグフードランキング

UMAKA(うまか)

UMAKAは、水炊き料亭「博多華味鳥」が作った国産のドッグフードです。九州産華味鳥を100%使用し、ヒューマングレードの素材で作られています。

もちろん無添加で、小麦グルテンフリーなので、安全性も高いドッグフードです。市販のドッグフードではよくある、味付けを目的とした「オイルコーティング」もされていないので、酸化しづらいのも特徴です。

九州産華味鳥をたっぷり使ったUMAKA(うまか)は高タンパク・低脂質なので、太りやすい柴犬に食べさせやすいです。グルコサミンとコンドロイチンも配合され、運動量が多く散歩が大好きな柴犬に適しています。

価 格 通常購入:4,980円
【定期初回】1,980円/3,000円OFF
定期購入:4,482円
100gあたり価格 299円
内容量 1.5kg
対応年齢 全年齢対応
評 価

▼今なら【定期初回】1,980円/3,000円OFF▼

詳しくはコチラ


モグワン

モグワンは、動物性タンパク質であるチキンとサーモンを53%も使用した、消化吸収率が高い主原料で作られるドッグフードです。野菜や果物の配合率も高く、どれも人間が食べられる(ヒューマングレードの)食材が使われています。

又、粗悪な穀物や危険な人口添加物は使われていないので、とても安全性が高いです。

高タンパクで低脂質なモグワンは、太りやすい柴犬に食べさせやすいです。サーモンを使用しているため、オメガ3脂肪酸も豊富に含まれており、「アトピー性皮膚炎」などの皮膚トラブルを予防するのに役立ちます。

価 格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
今なら最大20%OFFキャンペーン実施中
100gあたり価格 198円
内容量 1.8kg
対応年齢 全年齢対応
評 価

▼今なら初回1袋半額▼

詳しくはコチラ


カナガン

カナガンは、骨抜きチキン生肉・乾燥チキンを50%以上も使用しており、動物性タンパク質が豊富で消化吸収率の良いドッグフードです。モグワンと同じく、どれも人間が食べられる(ヒューマングレードの)食材が使われています。

又、モグワンと同じく、グレインフリーで無添加ですので、とても安全性が高いです。

柴犬の皮膚トラブルを未然に防ぐための要素(良質な動物性タンパク質、無添加、グレインフリー)をすべて満たしております。モグワンと比べて若干カロリーが高いので、運動量が多く散歩が大好きな柴犬にはこちらをおすすめします。

価 格 通常購入:3,960円
定期購入:3,564円
100gあたり価格 178円
内容量 2kg
対応年齢 全年齢対応
評 価

詳しくはコチラ

柴犬に「UMAKA(うまか)」をおすすめする理由まとめ

ランキングに掲載しているドッグフードは、どれも柴犬の皮膚トラブル対策や肥満防止におすすめですが、なぜ「UMAKA(うまか)」を1位にした理由は下記の通りです。

柴犬に「UMAKA(うまか)」がおすすめな8つの理由

  1. 安心の国産ブランドである
  2. 人間が食べられるヒューマングレード品質である
  3. 良質な動物性タンパク質が豊富である
  4. ビフィズス菌とオリゴ糖配合で善玉菌が増える
  5. グルコサミンとコンドロイチン配合で健康な足腰をつくる
  6. 着色料や人工添加物は一切使用していない(無添加)
  7. 小麦グルテンフリーである
  8. オイルコーティングをしていないので酸化しづらい

柴犬のアトピーは、あなたが与えているドッグフードが原因かも知れません。
柴犬がご飯を食べないのは、悪い素材を使った添加物入りドッグフードのせいかも知れません。
柴犬が太りやすいのは、味付けのためにオイルコーティングされたドッグフードを与えているからかも知れません。

あなたの大切な柴犬には、品質の良いドッグフードを与えて下さいね。

Copyright© ドッグフードおすすめ!犬の餌2019年度ランキング , 2019 All Rights Reserved.